OH! MAMORY の小カレー旅行 

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
ブッダガヤー ラストの日 00:00
ラストの日なのにもかかわらず朝から熱っぽい。
また、また、また、また風邪だぁぁぁ。
ここまで風邪を繰り返すと、
この体調不良具合に慣れてきてしまう。

フラフラの身体でチェックアウトを済ませるが
やっぱシンドイ・・・  
GHのスタッフに部屋を借り眠る
(無料で貸してくれた、ありがとう!)

でも今日で最後なので、お寺に行く


やっぱり列車は遅れているようだ。

同じように列車待ちの為に
ホーム全体ビッシリ すし詰め状態で横になり
仮眠をとるインド人を踏まないように足元を確かめながら
2Fにあるファーストクラス、女性専用の待合室にむかう。

何時間か待合室の長椅子で毛布をかぶり横になり眠っていると
団体さんが入ってくる。   チベット人だ!
待合室のインド人係員が、
ここはファーストクラス、女性専用の待合室だから入ってはダメです。
と言っているのだが聞かず(英語が理解出来ないせい)
じいちゃん ばあちゃん おじさん おばさん達は 
ドンドン入っていて寝袋というより布団を敷き始める。

あっ! という間に待合室が布団で埋まってしまう。
1Fのインド人のすし詰め雑魚寝のチベット人バージョン!

私が足を上げ、横になっていた長椅子の
スグ下にもスグに布団が!  
足が下ろせなくなってしまった。

チベット人が待合室に入ってきて、ものの5分程度の出来事だった・・・   
この手際の良さ、すばらしい! 感動!(笑)
この状況、カメラに収めておくべきだった・・・

そして、まだウトウトしている私を起こし
チベット語で何時? と尋ねる。
この自己中め〜!  でも憎めないのよね、チベット人。

ジイちゃんがチベット語で話しかけてくる。
私、チベット人だと勘違いされてるかも・・・
日本人だと言ってみるが、
まだまだチベット語トーク(?)は続く・・・(苦笑)

そのうち待合室の係員が、もうすぐ列車くるから廊下に出て待ちなさい。と教えてくれたので廊下の椅子に移ると

布団に半分だけ足を入れた状態の
眠る前のチベット人 ジイちゃんが、
ところどころ抜けた歯を見せながら
優しい笑顔で手を振ってBAY−BAYしてる。

いつまでも、いつまでも こちらに笑顔で手を振る
長いBAY−BAYが終わって 
じいちゃんは布団に入り眠り、
私は列車を待つ為にホームに戻るのだが
その、ジイちゃんの姿、何度も思い出す。

何でなんだろう、アホか! 言われるのだろうが
あの、すごく優しい笑顔、孫に手を振るように感じ
何だか本当の自分のジイちゃんのような気がしてて、
懐かしい感じが忘れられない。

本当に心から優しい笑顔が温かく、
懐かしい世界へ連れていってくれた。

きっと、これも ご縁 ですね

| - | comments(0) | - | posted by VUI
スポンサーサイト 00:00
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>